野菜用の洗剤を利用して安全確保〜身体の健康維持隊〜

様々な種類から選ぶ

調理器具

堺では料理をする時、食材を切る必要があります。食材を切るためには包丁が必要です。包丁が無いと食材を綺麗に着ることが出来ないのです。堺の包丁はいくつか種類があります。包丁の種類を大きく分けると3つあります。「銅」「ステンレス」「セラミック」が基本的に包丁の材質として利用しています。今までは銅の包丁が主流でしたが、ステンレスやセラミックも最近から利用している人も増えてきているのです。

銅の包丁は、切れ味が鋭く食材が持っている繊維を傷つけずに切ることが出来るほどです。その為、多くの料理人は銅の包丁を利用しています。しかし、銅の包丁はサビがつかないようにすることと、切れ味悪くならないように研ぐ必要があります。また、研ぐのも技術が必要となるので、慣れていない人はあまり、向かない可能性があります。
ステンレスの包丁はどうの包丁と違い、サビや研ぐ必要もありません。その為、長い間良い状態で包丁を利用することが出来るのです。しかし、銅やセラミックと比べると包丁の料金が高いのです。
セラミックの包丁は料金が安く済むことが出来ます。セラミックは手入れが簡単なので、初めて包丁を使う人にとって利用しやすいと感じられるでしょう。しかし、セラミック製は歯が弱いので、欠けてしまいます。その為、硬い食材を切る時は不向きになるでしょう。このように包丁の種類がさまざまなので、自分に合う包丁選びをする必要があるのです。興味がある人や気になる人は堺の包丁店を調べると良いでしょう。